FC2ブログ

ほったらかしINDEX投資の日々… ときどき大学生【慶應通信69期さくら組】

2014年からインデックス投資始めました。そちらはまったりと積み立て&ホールド。通信制大学に通いながらセミリタイアを夢見る会社員

セミナー「定年男子・定年女子」に参加してこれからの人生を考える

ニコライ堂

久しぶり…ひょっとすると20年近く来てなかったかも、御茶ノ水。
昔はデートでよく御茶ノ水の喫茶店に行ったなと思って、記憶を頼りにお店を探しましたが無くなってた(涙)

今日は大江英樹さんのセミナー「定年男子・定年女子」に参加してきました。
ツイッターで「定年女子」というキーワード入れて検索すると、結構違和感感じる人多いみたいです。
岸本悠紀子さんという方が書いた「定年女子」という本から使われ始めたのでしょうか?
定年だから少なくとも60歳近い女性も「女子」ですかー、そーですかー。

まあ最近では立派な中年女(自分含む)たちの飲み会も自称「女子会」と言ってますからね。
これから「男子・女子」は年齢関係なく使っていく言葉に変化しそうですね〜。
こうやって言葉は変化を遂げていくんだな。
これからは「終活男子・女子」とか「米寿男子・女子」とか流行らせたりして。


…セミナーの内容とは全く関係ありません。


セミナーは有料でしたので詳細な内容は控えますが、いつもと違って投資の話は出てきません!
会社が定年で終わり、その後の人生どうやって過ごす?って話が本題です。
前半は大江さん、FPの井戸美枝さん、久留米大学の塚崎教授のご自身の体験を通したお話。
後半はセゾン投信の中野社長が進行役で大江さん、井戸さんとのトークセッションという2部構成でした。



中野王子と井戸さん↓
中野社長
写真がボケててすみません。


壇上の3人の方たちはみんな「自分の強み」を見つけて、そこをうまく「人脈」とつなげて、
今自分がやりたかったことをやっているんですよね。
中野さんは「自分の棚おろしをして強みを見つけていく」ことをおっしゃったのに対して、
大江さんは「自分で自分の強みを見つけることは難しいので、人脈=自分の強みを見つけて
くれる人」を作っていくことをおすすめされてました。

今の自分は中野さんのいうことも大江さんのいうこともできてなくてジタバタあがいてる感じ?
自分の強みがわからないから、改めて勉強しなおしてみようと大学に入ったり。
こうやってセミナーに行ったり。

大江さんの体験談ですが、10年間会社の窓際部門にいたけどそこで得た知識が今のお仕事に
つながっているように、その時には思ってもみない道に進むことがあるかもしれない。
そう考えると、セミナーの中でも言われていた「無駄なものは一つもない」と思って
毎日を過ごさないといけませんね。

大江さんが「会社は苦役だ!」とか、中野社長から
「会社員でよかったことと悪かったことを」って聞かれた時に
「悪かったことや悪かったことは話せる!」という発言の数々が
私的には「ホンマにその通り〜!」と、心の中で拍手を贈りたくなりました。

ただ、大江さんと私の違いはたぶん
「大江さん=会社はキライ、でも働くのは苦じゃない」
「私=会社はキライ、働くのもキライ」ってとこかな。

日々、どうしたら極力働かずに(かつ自由に)生きていけるかな〜って事を考えているのですが、
銀行員から転職した経歴をお持ちの塚崎教授の話を聞いたら
「大学の非常勤講師」などはある意味理想的かもしれないと思えてきました。


それにしても、まだ卒論にも至ってないのに塚崎教授から博士論文の書き方を教えてもらったら
何か博士号取れる気がしてきた〜♫ ←単細胞




ポチッとしていただけると励みになります。よろしくお願いしま〜す❗️
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト



Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント