ほったらかしINDEX投資の日々… ときどき大学生【慶應通信69期さくら組】

2014年からインデックス投資始めました。そちらはまったりと積み立て&ホールド。通信制大学に通いながらセミリタイアを夢見る会社員(♀)

7月科目試験終わり!

大雨、地震と本当なら試験どころじゃない状況の方が大勢おられる中、
試験を受けられたことに感謝です。
被災された地域の方々にはなんと申し上げれば良いのやら…
甚大な被害でこれからの復旧が大変だと思います。猛暑が続くだろうし。
過酷な環境下で無理なさらぬよう体調第一で!

今回は1日目の試験が予定通りやるかどうかでドキドキ、時間も繰り下げスタートで
遠くから参加された学友の皆さまも翻弄されてしまったかと思います。お疲れ様でした!


私は今回は2日目のみ、
【D群】コミュニケーション論
【F群】ロシアの政治 の2科目でした。


1科目ずつ反省をしますと、
コミュニケーション論は昨年夜スク受けてなかったら試験受験以前にギブアップしてたかも。
そのくらい自分的には辛い科目でした。
いろんなモデル、理論、専門用語とそれらのつながりがなかなかストンと落ちてきません。
テキストは試験前までに7回読みと決めていたのに4回で時間切れ。
2回目の時に、テキスト読みながらパソコンに章単位でキーワードを入力する作業を
同時に行いました。
試験当日は夜スク講義ノートとキーワードを眺めてあやふやな部分をテキストで再確認。

本番では…うーん、あながち間違ったことは書いてないけど、暗記したはずの用語が
全く出てこない。一応答案も章立てして流れがはっきりするようには書いたので、
その辺の工夫とか評価してもらえるといいな〜。
でも、単位もらえるかどうかは確信できない…


ロシアの政治は2問出題されて両方解答という形式でした。
どちらもそれほど面食らうような問題ではありませんでしたが、問題は時間配分。
2問書かなきゃいけないので、どこらへんまでで解答をまとめるかが悩ましい。
解答によっては「尻切れとんぼ」と先生に判断されてしまう可能性もあり、こちらも不安だなぁ。
持込可だから、それこそ資料大量印刷していき本も結構持ち込んだけど
使ったのはそのうちの1冊と過去問の模擬解答をまとめたペーパーでした。
いろいろ持ち込んでも試験の時ってテンパってて、本の内容が全然入ってこないんだよね。
問題文に「答えは一通りではない」と書いてあったので、いろんな面から見る中の一つを
取り上げれば何とかなるかなといった感じでした。


10月は事情があって日曜日しか受験できないのでA-C群で受験できる科目を探さないといけません。
卒論もあり夏スクもあり不合格レポの再提出もあり…と、やることてんこ盛り!
しかもこの暑さ!
体調崩さないように気をつけなきゃです。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント